底面にくぼみを持つ剛体の空中超音波を用いた二次元位置制御

空中超音波を用いて,大きさ1-2 cmで重さ1 g前後の物体を動かす,センサレスな手法を開発しました.
この物体は底にくぼみがあり,音波を遮らないメッシュスクリーンの上であれば,任意の軌道で位置を制御できます.

一つの焦点で一つの物体を動かすため,複数の焦点を作れば複数物体の同時操作にも拡張性を持ちます.
この手法は物体が剛体であればその材質によらないため,プラスチック,ガラス,食品なども扱うことができます.

(Early Access) G. Arakawa, R. Hirai, S. Suzuki, T. Kamigaki, Y. Makino and H. Shinoda, “Two-Dimensional Remote Actuation of Centimeter-Scale Objects with a Concave Bottom Using Airborne Ultrasound,” in IEEE Access, doi: 10.1109/ACCESS.2024.3409736.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次