• 森崎汰雄
森崎 汰雄(Tao Morisaki)
所属・連絡先
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
篠田・牧野研究室 博士1年 (D1)
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5
新領域基盤棟3E3号室
mail: morisaki[at]hapis.k.u-tokyo.ac.jp
経歴
Mar. 2020 – 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程
Apr. 2018 – Mar. 2020 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 修士課程
Apr. 2016 – Mar. 2018 久留米工業高等専門学校 専攻科 機械・電気システム工学専攻
Apr. 2011 – Mar. 2016 久留米工業高等専門学校 電気電子工学科
所属学会
  • Association for Computing Machinery (ACM)
  • 日本バーチャルリアリティ学会
国際会議(査読有)
-口頭発表
  1. [Open Access] Tao Morisaki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Comparing Lateral Modulation and Amplitude Modulation in Phantom Sensation,” Lecture Notes in Computer Science, Haptics: Science, Technology, Applications (Proceedings of EuroHaptics 2020, Oral), vol 12272, pp 122-130, Leiden, Netherlands, Sept. 6-9, 2020 (Oral presentation acceptance rate: 30.6%).
  2. [Open Access] Tao Morisaki, Ryoma Mori, Ryosuke Mori, Yasutoshi Makino, Yuta Itoh, Yuji Yamakawa, and Hiroyuki Shinoda, “Hopping-Pong: Changing Trajectory of Moving Object Using Computational Ultrasound Force,” Proc. 2019 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS’19), pp. 123-133, Daejeon, South Korea, November 10-13, 2019 (Acceptance rate: 30.6%).
  3. Tao Morisaki, Shohei Miyabara, and Naohiro Koshiji, “Improvement of Immersion into a Virtual Game World: Using “Real Robot” as a Player Character,” Proc. International Conference on Industrial Application Engineering (ICIAE) 2018, pp.120-125, Naha, Japan, March 2018.
  4. Shohei Miyabara, Tao Morisaki and, Naohiro Koshiji, “Improvement of Immersion into a Virtual Game World: Using “Real Robot” as an Opponent’s Character,” Proc. International Conference on Industrial Application Engineering (ICIAE) 2018, pp. 126-132, Naha, Japan, March 2018.
-ポスター発表
  1. [PDF] Tao Morisaki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Tactile Perception Similarity Between Physically Continuous Stimulation and Discrete Point Stimulation,” IEEE World Haptics Conference 2019, WP1P.19 (Work-in-Progress Papers), 9-12 July, Tokyo, Japan, 2019 (Acceptance rate: 83%).
-デモ展示
  1. [PDF][ACM DL] Tao Morisaki, Ryoma Mori, Ryosuke Mori, Kohki Serizawa, Yasutoshi Makino, Yuta Itoh, Yuji Yamakawa, and Hiroyuki Shinoda, “Hopping-Pong: Computational Curveball in Table Tennis by Noncontact Ultrasound Force,” SIGGRAPH ’20, Emerging Technologies, Washington, D.C, USA (moved to a virtual conference), July 19-23, 2020.
  2. [PDF][ACM DL] Kohki Serizawa, Tao Morisaki, Charlotte Delfosse, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Super Haptoclone: Upper-Body Mutual Telexistence System with Haptic Feedback,” SIGGRAPH ’20, Emerging Technologies, Washington, D.C, USA (moved to a virtual conference), July 19-23, 2020.
  3. [PDF] Tao Morisaki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Control System of a Robot Vehicle Using Hand-Gesture with Mid-Air Haptic Feedback,” Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018.
国際会議 (査読無し)
  1. Tao Morisaki, Shohei Miyabara, Naohiro Koshiji, “A Living Assistance System for the Elderly Using a Pet Robot as an Interface (2): Development of the exercise assistance application adding a pet growth factor,” Hanoi-KOSEN Joint Conference 2016, Hanoi, Vietnam, Dec. 2016.
  2. Shohei Miyabara, Tao Morisaki, Naohiro Koshiji, “A Living Assistance System for the Elderly Using a Pet Robot as an Interface(1): Developing a pet robot featuring both living assistance and therapeutic functions,” Hanoi-KOSEN Joint Conference 2016, Hanoi, Vietnam, Dec. 2016.
国内学会 (査読あり)
  1. [PDF] 森崎汰雄, 森涼馬, 森暸輔, 牧野泰才, 伊藤勇太, 山川雄司, 篠田裕之, “超音波の非接触力を用いた卓球における変化球の実現,” インタラクション2020, インタラクティブ発表, 3C-61, (web開催に変更) 学術総合センター内一橋講堂, 東京, Mar. 9-11, 2020 (プレミアム発表:採択率 15.9%).
国内学会 (査読無し)
  1. [PDF] 森崎汰雄, 藤原 正浩,牧野 泰才,篠田 裕之,”超音波のLateral Modulation刺激における刺激点移動の高解像化による振動感抑制,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,2D2-6,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  2. [PDF] 森崎汰雄, 森涼馬, 森暸輔, 芹澤洸希, 牧野泰才, 伊藤勇太, 山川雄司, 篠田裕之, ”遠隔力提示による動的な人間環境への力学的支援ー集束超音波を用いた卓球玉の軌道変化によるスポーツ拡張ー,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,1C3-4,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  3. [PDF] 陳 剣宇, 森崎汰雄, 砥出悠太郎, 鈴木 颯, 藤原 正浩,牧野 泰才,篠田 裕之,”ベイズ最適化による超音波フェーズドアレーのビーム集束,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,2D3-1,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  4. [PDF] 曽明然,砥出悠太郎,森崎汰雄, 芹澤洸希,藤原正浩,牧野泰才,篠田裕之 “空中超音波と接触式振動刺激による複合触覚提示” 第25回バーチャルリアリティ学会大会, 2C3-6, オンライン開催, Sep. 16-18, 2020.
  5. 森崎汰雄, 藤原正浩, 牧野泰才, 篠田裕之, “超音波のLateral ModulationとAmplitude Modulation 刺激によるファントムセンセーションの生起とその特性比較,” 第24回ハプティクス研究会, PI-20-024, (web開催に変更) 東北学院大学 多賀城キャンパス, 宮城, Mar. 2-3, 2020.
  6. 渡邊一正, 森崎汰雄, “触覚フィードバックによる自己主体感向上に基づく騒音環境下におけるギターの演奏支援システム,” 第24回ハプティクス研究会, PI-20-028, (web開催に変更) 東北学院大学 多賀城キャンパス, 宮城, Mar. 2-3, 2020.
  7. 森涼馬, 森崎汰雄, 森暸輔, 牧野泰才, 伊藤勇太, 山川雄司, 篠田裕之, “Hopping-Pong:集束超音波による卓球玉の軌道の遠隔制御,” 第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集 (SI2019), pp. 1701-1706, サンポート高松, 香川, Dec. 12-14, 2019.
  8. [PDF] 陳剣宇, 森崎汰雄, 王安晟 藤原正浩, 牧野泰才, 篠田裕之, “Prediction of Ping-Pong Ball Trajectory Based on Neural Network Using Player’s Body Motions,” 第24回バーチャルリアリティ学会大会, 6D-09, 東京大学 本郷キャンパス, 東京, Sep. 11-13, 2019.
  9. [PDF] 森崎汰雄, 藤原正浩, 牧野泰才, 篠田裕之, “非接触触覚提示による離散点刺激と連続刺激の類似度比較,” 第24回バーチャルリアリティ学会大会, 4A-05, 東京大学 本郷キャンパス, 東京, Sep. 11-13, 2019.
  10. 森崎汰雄, 藤原正浩, 牧野泰才, 篠田裕之, “空中触覚フィードバックを用いた遠隔ロボットの移動制御,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 仙台, Sep. 2018.
  11. 森崎汰雄, 越地尚宏, “和音認識システムの開発,” 第27回九州沖縄地区高専フォーラム, 福岡, Dec. 2017.
  12. 中村省太, 森崎汰雄, 宮原奨平, 越地尚宏, “ウェアラブルなペットロボを利用した 睡眠障害への対策に関する研究,“ 産業応用工学会 全国大会2017, pp. 38-39, 福岡, Sep. 2017
  13. 森崎汰雄, 宮原奨平, 越地尚宏, “ペットロボットをインターフェイスとした高齢者生活支援システム②-ペット育成要素を付加した運動幇助システムの開発-,“ 産業応用工学会 全国大会2016, pp. 38-39, 京都, Sep. 2016
  14. 宮原奨平, 森崎汰雄, 越地尚宏, “ペットロボットをインターフェイスとした高齢者生活支援システム① -生活支援機能とセラピー機能を併せ持つペットロボットの開発-,“ 産業応用工学会 全国大会2016, pp. 38-39, 京都, Sep. 2016
  15. 森崎汰雄, 宮原奨平, 越地尚宏, “ペットロボットをインターフェイスとした高齢者生活支援システムの開発 ②myRIOを用いたソフトウェアの開発,“ 高専シンポジウム, 香川, Jan. 2016.
  16. 宮原奨平, 森崎汰雄, 越地尚宏, “ペットロボットをインターフェイスとした高齢者生活支援システムの開発 ①myRIOを用いたハードウェアの開発,“ 高専シンポジウム, 香川, Jan. 2016.
受賞
  1. 2020年 インタラクション2020 インタラクティブ発表賞 (一般投票)
  2. 2018年 電気学会 九州支部長賞
  3. 2017年 National Instruments社 高専生向けNI myRIO組込システム開発コンテスト 敢闘賞 (最終選考)
  4. 2016年 産業応用工学会 全国大会 学生賞
  5. 2016年 福祉機器コンテスト 学生部門 最終選考
  6. 2016年 National Instruments社 高専生向けNI myRIO組込システム開発コンテスト 最優秀賞
学位
  • 大学評価・学位授与機構 学士 (工学) 2018年
  • 東京大学 修士 (科学) 2020年:超音波触覚刺激によるファントムセンセーションの特性解明
その他資金等
展示等
関連プロジェクト