• 古本 拓朗
  • HOME
  • 古本 拓朗

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

所属・連絡先

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
篠田・牧野研究室 博士3年
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5
新領域基盤棟3E3号室
mail: furumoto[at]hapis.k.u-tokyo.ac.jp

経歴
Apr. 2018 – 日本学術振興会特別研究員(DC2)
Apr. 2017 – 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程
Apr. 2016 – Mar. 2017 株式会社ほたる (現:WOTA株式会社) インターンシップ生
Apr. 2014 – Mar. 2017. 東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 修士課程
Apr. 2012 – Mar. 2014. 東京大学 工学部 航空宇宙工学科
Apr. 2010 – Mar. 2012. 東京大学 教養学部 理科一類
Apr. 2007 – Mar. 2010. 徳島文理高等学校
所属学会
  • IEEE
  • Association for Computing Machinery
  • 計測自動制御学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
学術論文
  1. Takuro Furumoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: “Three-Dimensional Manipulation of a Spherical Object Using Airborne Ultrasound Plane Waves,” IEEE Robotics and Automation Letters, To Appear, DOI:10.1109/LRA.2018.2880330.
  2. Takuro Furumoto, Ryu Funase, and Tomohiro Yamaguchi, “Attitude Dynamics Modeling of Spinning Solar Sail under Optical Property Control”, Advances in the Astronautical Sciences Astrodynamics, pp.1617-1630, Vol. 156, 2015.
国際会議(査読有)
  1. Takumi Kasai, Takuro Furumoto, and Hiroyuki Shinoda: Rotation and Position Control of a Cubic Object Using Airborne Ultrasound, in Proc. 2020 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), 1395, Sep. 6-11, 2020, Virtual.
  2. Takuro Furumoto, Takaaki Kamigaki, Mitsuru Ito, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: Three-dimensional Interaction Technique Using an Acoustically Manipulated Balloon, SIGGRAPH Asia ’19 Emerging Technologies, Brisbane, Australia, November 17-20, 2019, https://doi.org/10.1145/3355049.3360536.
  3. Takuro Furumoto, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, “BaLuna: Floating Balloon Screen Manipulated Using Ultrasound”, the 26th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces, 221, Osaka, Japan, Mar. 22-27, 2019. [Poster]
  4. Takuro Furumoto, Yutaro Toide, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Encounter-type Haptic Feedback System Using an Acoustically Manipulated Floating Object,” Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018.
  5. Takuro Furumoto, Ryu Funase, and Tomohiro Yamaguchi, “Attitude Dynamics Modeling of Spinning Solar Sail under Optical Property Control”, AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference, Colorado, USA, Aug. 9-13, 2015.
  6. Takuro Furumoto and Ryu Funase, “Attitude Control Model for Spinning Solar Sail with Reflectivity Control Capability”, Proceedings of 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-d-25, Kobe, Japan, Jul. 4-10, 2015.
  7. Kouhei Yoshino, Taku Nonomura, Takuro Furumoto, Takisawa Jun’ichi, Kuma Okada, and Ryu Funase: “Proceedings of Thermal Design Strategy and its In-orbit Verification Results for Small Deep Space Probe ‘PROCYON'”, 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-104p, Kobe, Japan, Jul. 4-10, 2015.
国内学会
  1. 笠井 匠, 古本 拓朗, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, ”空中超音波による浮遊物体の姿勢制御,” 第38回日本ロボット学会学術講演会, 1K2-07, オンライン開催, Oct. 9-11, 2020.
  2. 古本拓朗,藤原正浩,牧野泰才,篠田裕之,”片手把持操作可能な浮遊型バルーンインターフェース,” 第25回日本バーチャルリアリティ学会大会,1C1-5,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  3. 笠井 匠, 古本 拓朗, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “空中超音波による浮遊平面の方向制御,” 第24回バーチャルリアリティ学会大会, 1C-09, 東京大学 本郷キャンパス, 東京, Sep. 11-13, 2019.
  4. 古本 拓朗, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “3次元位置制御可能なバルーン型ディスプレイ,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 33B-1, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  5. 砥出悠太郎, 古本拓朗, 藤原正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “軽量浮遊物体による遭遇型接触感提示,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  6. 古本拓朗, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “空中平面超音波による浮遊物体の動的位置制御,” 第18回システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1984-1987, 仙台, Dec.20-22, 2017.
  7. 古本拓朗, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “空中超音波による浮遊物体の運動制御,” 第22回バーチャルリアリティ学会大会, 1E4-05, Sep. 27-29, 2017, 徳島大学, 徳島.
  8. 古本拓朗, 吉野康平, 野々村拓, 間瀬一郎, 船瀬龍, “PROCYON熱システムの設計と軌道上成果”, 第59回宇宙科学技術連合講演会, Oct. 7-9, 鹿児島, 2015.
  9. 古本拓朗, 吉野康平, 野々村拓, 間瀬一郎, 滝澤潤一, 戸谷剛, 船瀬龍, “超小型深宇宙探査機PROCYONの熱設計”, 第15回宇宙科学シンポジウム, Jan. 6-7, 神奈川.

受賞

  1. チームGlucose Hawks: 2012年度 A Rocket Launch for International Student Satellites (ARLISS) カムバックコンペティション部門第3位受賞(サブリーダーとして参加).
  2. 超小型深宇宙探査機PROCYON開発チーム : 2015年度総長賞および平成29年度文部科学大臣表彰科学技術賞受賞(熱制御システム リーダーとして参加).
  3. 中須賀・船瀬研究室: 2014年度 UNISEC Workshop 学生プロジェクト成果発表 UNISAS賞第1位受賞(講演者として参加).
学位論文
  • 【修士論文】(中須賀・船瀬研究室)
  • 【卒業論文】(中須賀・船瀬研究室)

 資格

  • Jul. 2018. 産業用ロボットの教示等の業務に係る特別教育修了