• 鈴木 颯
Affiliation: 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
Address: 〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5 新領域基盤棟3E3号室
mail: suzuki[at]hapis.k.u-tokyo.ac.jp
経歴
Apr. 2019 – 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程
Apr. 2017 – Mar. 2019 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 修士課程
Apr. 2013 – Mar. 2017. 早稲田大学 先進理工学部 物理学科
Apr. 2010 – Mar. 2013. 千葉県立千葉東高等学校
所属学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
国際会議(査読有)
  1. Takaaki Kamigaki, Shun Suzuki, and Hiroyuki Shinoda, “Noncontact Thermal and Vibrotactile Display Using Focused Airborne Ultrasound,”  International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications (Euro Haptics), pp. 271 – 278, Sep. 6-9, 2020, Leiden, Netherlands. (Online), (Open Access) https://doi.org/10.1007/978-3-030-58147-3_30
  2. Seunggoo Rim, Shun Suzuki, Yutaro Toide, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Sound-Image Icon with Aerial Haptic Feedback,”  International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications (Euro Haptics), pp. 497 – 505, Sep. 6-9, 2020, Leiden, Netherlands. (Open Access) https://doi.org/10.1007/978-3-030-58147-3_54
  3. Shun Suzuki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Midair Hand Guidance by an Ultrasound Virtual Handrail,” Proc. 2019 IEEE World Haptics Conference, pp.271-276, Tokyo, Japan, July 9-12, 2019.
  4. Kohki Serizawa, Yuichi Masuda, Shun Suzuki, Masahiro Fujiwara, Akihito Noda, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Whole body haptic experience using 2D communication wear”, Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018.
  5. Shun Suzuki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Midair ultrasound haptic display with large workspace,” Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018. 
  6. Shun Suzuki, Ryoko Takahashi, Mitsuru Nakajima, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Midair Haptic Display to Human Upper Body,” in Proc. SICE Annual Conference 2018, pp. 848-853, Sep. 11-14, 2018, Nara, Japan.
  7. Shun Suzuki, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Haptic Tracing of Midair Linear Trajectories Presented by Ultrasound Bessel Beams,” International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications(Eurohaptics), pp 209-220, Pisa, Italy, June 13-16, 2018.
国内学会
  1. 陳 剣宇,森崎 汰雄,砥出 悠太郎,鈴木 颯,藤原 正浩,牧野 泰才,篠田 裕之, “ベイズ最適化による超音波フェーズドアレイのビーム集束,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,2D3-1,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  2. 日浦宏哉, 鈴木颯, 中島 允,藤原 正浩,牧野 泰才,篠田 裕之,”液面境界刺激による水中感覚の再現,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,2C3-4,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  3. 竹井達哉,鈴木颯,藤原正浩,牧野泰才,篠田裕之,”モンテカルロシミュレーションに基づく古典的心理物理学的測定法の推定効率比較,” 第25回バーチャルリアリティ学会大会,1C2-1,オンライン開催,Sep. 16-18, 2020.
  4. 神垣 貴晶, 鈴木 颯, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “空中超音波を用いた温覚・振動覚提示,”第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 994-996, Dec., 2019, サンポート高松, 香川.
  5. 水谷 沙耶, 神垣 貴晶, 鈴木 颯, 高橋 諒子, 松林 篤, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “非触覚触覚刺激の時空間変調パターンと知覚強度および感触の関係,” 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.1301-1305, 大阪工業大学 梅田キャンパス, 大阪, Dec.13-15, 2018.
  6. 芹澤 洸希, 増田 祐一, 鈴木 颯, 野田 聡人, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “全身触覚ウェアを用いた人に触られる体験の実現”, 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 21A-3, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  7. 水谷 沙耶, 神垣 貴晶, 鈴木 颯, 高橋 諒子, 松林 篤, 藤原 正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “非接触触覚刺激の時空間変調パターンによる知覚強度の比較,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 33A-4, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  8. 鈴木 颯, 藤原正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “空中触覚の作業空間の拡大,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 34A-4, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
デモ展示
  1. [To appear] Takaaki Kamigaki, Shun Suzuki, and Hiroyuki Shinoda, “Mid-air Thermal Display via High-intensity Ultrasound,”  SIGGRAPH Asia 2020 Emerging Technologies (SA ’20).
  2. Takaaki Kamigaki, Shun Suzuki, and Hiroyuki Shinoda, “Mid-air Thermal and Vibrotactile Display Using Focused Airborne Ultrasound,” International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications (Euro Haptics), Sep. 6-9, 2020, Leiden, Netherlands.
  3. Shun Suzuki, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “Midair Haptic Guidance by Ultrasonic Spatial Modulation,” Proc. 2019 IEEE World Haptics Conference, DM2.32, Tokyo, Japan, July 9-12, 2019.
受賞
2019.12 SICE SI2019 優秀講演賞 (神垣貴晶, 鈴木颯, 藤原正浩, 牧野泰才, 篠田裕之)
資格
  • May. 2019. 産業用ロボットの教示等の業務に係る特別教育修了