野田 聡人, 博士(情報理工学)

0052_large (2)
所属・連絡先

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
篠田・牧野研究室 特任助教
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5
新領域基盤棟3E3号室
Tel: 04-7136-3777
Mail: mail

経歴
Nov. 2013 – 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 篠田・牧野研究室 特任助教
Apr. 2013 – Oct. 2013. 東京大学 大学院情報理工学系研究科 創造情報学専攻 石川・奥研究室 特任助教
Apr. 2010 – Mar. 2013. 日本学術振興会 特別研究員 DC1
Apr. 2010 – Mar. 2013. 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 博士課程
Apr. 2008 – Mar. 2010. 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 修士課程
Apr. 2005 – Mar. 2008. 株式会社インクス 情報工業研究所 エンジニア
Apr. 2003 – Mar. 2005. 東京工業大学 工学部 制御システム工学科
Apr. 1998 – Mar. 2003. 高松工業高等専門学校 電気工学科
所属学会
  • 計測自動制御学会
  • 電子情報通信学会
  • 電気学会
  • IEEE
研究業績
学術論文
  1. [J-STAGE] Akihito Noda, Akimasa Okada and Hiroyuki Shinoda: “Radiation from surface of two-dimensional communication sheet”, IEICE Communications Express (ComEX), vol. 5, no. 5, pp. 135-141, May 2016.
  2. [IEICE] [招待論文] 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路電力伝送における位相可変かつ終端条件可変なマルチポート給電システム”, 電子情報通信学会論文誌C, vol. J99-C, no. 4, pp. 84-96, April 2016.
  3. [IEEE Xplore] Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Selective Wireless Power Transmission Through High-Q Flat Waveguide-Ring Resonator on 2-D Waveguide Sheet”, IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques, vol. 59, no. 8, pp. 2158-2167, August 2011.
国際会議(査読有)
  1. [To Appear] Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Frequency-Division-Multiplexed Signal and Power Transfer for Wearable Devices Networked via Conductive Embroideries on a Cloth”, 2017 IEEE MTT-S International Microwave Symposium, accepted for presentation, Honolulu, HI, USA, June 2017.
  2. [Poster] Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “On-Body Sensor Node Localization Using Reference RFID Tags Embedded in Wearable Waveguide”, 2016 IEEE SENSORS Proceedings, pp. 1003-1005, Orlando, FL, USA, October 2016.
  3. [Poster] Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Focus Steering in Open-Ended Waveguide Sheet for Efficient and Safe Two-Dimensional Waveguide Power Transfer”, Proc. IEEE Wireless Power Transfer Conference 2016, pp. 1-4, Aveiro, Portugal, May 2016.
  4. [Demo] Akihito Noda, Akimasa Okada, Yudai Fukui, Yuichi Masuda and Hiroyuki Shinoda: “Massive Multiple Access Wireless LAN Using Ultra-Wideband Waveguide Floor Tiles”, Proceedings of the 2016 13th Annual IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC), pp. 279-280, Las Vegas, USA, January 2016.
  5. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Active Tile for Room-Size UWB 2-D Communication”, Proc. 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 668-671, Nagoya, Japan, December 2015.
  6. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Wireless LAN on 2-D Communication Tiles Using Ultra-Wideband as an Alternative Spectrum Resource”, Proceedings of the 2015 IEEE International Conference on Ubiquitous Wireless Broadband, pp. 1-6, Montreal, Canada, October 2015.
  7. Akihito Noda, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: “Target Tracking Behind Occlusions Using a Networked High-Speed Vision System”, 2014 IEEE SENSORS Proceedings, pp. 2018-2021, Valencia, Spain, November 2014.
  8. Akihito Noda, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: “Frame Synchronization for Networked High-Speed Vision Systems”, 2014 IEEE SENSORS Proceedings, pp. 269-272, Valencia, Spain, November 2014. (Lecture presentation acceptance rate: 33%)
  9. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Edge-Mount 1-Watt RF Amplifier for 2-D Waveguide Power Transmission”, Proc. SICE Annual Conference 2014, pp. 1941-1945, Sapporo, Japan, September 2014.
  10. Akihito Noda, Yuta Kudo and Hiroyuki Shinoda: “Circular Planar Coupler for UWB 2-D Communication”, Proceedings of the 2014 IEEE International Conference on Ultra-Wideband, pp. 1-6, Paris, France, September 2014.
  11. Akihito Noda, Masahiro Hirano, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: “A Networked High-Speed Vision System for Vehicle Tracking”, 2014 IEEE Sensors Applications Symposium Proceedings, pp. 343-348, Queenstown, New Zealand, February 2014. (Acceptance rate: 69%)
  12. Akihito Noda, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: “High-Speed Object Tracking Across Multiple Networked Cameras”, Proc. 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 913-918, Kobe, December 2013.
  13. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Coupler Combination for Blind Spot Elimination in Two-Dimensional Waveguide Power Transmission”, Proc. SICE Annual Conference 2012, pp. 1448-1450, Akita, Japan, August 2012.
  14. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Compact Class-F RF-DC Converter with Antisymmetric Dual-Diode Configuration”, 2012 IEEE MTT-S International Microwave Symposium Digest, pp. 1-3, TH1A-5, Montreal, Canada, June 2012. (Oral presentation acceptance rate: 37%)
  15. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “A Wireless and Batteryless Sensor Node Powered via 2-D Waveguide Sheet”, Proc. Ninth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-7, Antwerp, Belgium, June 2012. (Regular paper acceptance rate: 30%)
  16. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Passive UHF RFID Tag Localization on 2D Waveguide Sheet Using Single Reader and Phased Array Coupler”, Proc. Ninth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-4, Antwerp, Belgium, June 2012.
  17. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Waveguide-Ring Resonator Coupler with Class-F Rectifier for 2-D Waveguide Power Transmission”, Proc. 2012 IEEE MTT-S International Microwave Workshop Series on Innovative Wireless Power Transmission, pp. 259-262, Kyoto, Japan, May 2012.
  18. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Selective Proximity Power Transmission Using Low Leakage Ribbon Waveguide and High-Q Resonant Coupler”, Proc. SICE Annual Conference 2011, pp. 836-841, Tokyo, Japan, September 2011.
  19. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Selective Proximity Power Transmission through High-Q Resonant Coupler on Ribbon-Like Waveguide”, Proc. Eighth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-4, Penghu, Taiwan, June 2011.
  20. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Simultaneous Power Transmission to Multiple Receivers on 2D Waveguide Sheet”, Proc. Eighth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-2, Penghu, Taiwan, June 2011.
  21. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “One-Dimensional Proximity Power Transmission Using Ribbon-Like Waveguide and Bar-Type High-Q Resonant Receiver Coupler”, Proc. 2011 IEEE MTT-S International Microwave Workshop Series on Innovative Wireless Power Transmission, pp. 203-206, Kyoto, Japan, May 2011.
  22. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Selective Wireless Power Transmission through 2D Waveguide Sheet using Strong Electromagnetic Confinement by Choke-Enclosed Resonant Coupler”, Proc. 2011 IEEE Radio and Wireless Symposium, pp. 178-181, Phoenix, USA, January 2011. (RWW overall acceptance rate: 71%)
  23. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “The Lower-Bound of Electromagnetic Leakage of 2D Wireless Power Transmission”, Proc. Seventh International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 138-144, Kassel, Germany, June 2010.
  24. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Safe Wireless Power Transmission Using Low Leakage 2D-Communication Sheet”, Proc. SICE Annual Conference 2009, pp. 1105-1109, Fukuoka, Japan, August 2009.
  25. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Power Transmission Coupler for Low Leakage 2D-Communication Sheet”, Proc. Sixth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 24-30, Pittsburgh, USA, June 2009. (Regular paper acceptance rate: 29%)
国内学会
  1. 野田 聡人, 田島 優輝 and 篠田 裕之: “ウェアラブル触覚ディスプレイのための柔軟二次元通信シート上の分布アクチュエータへの無配線多重給電”, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1349-1353, 札幌, December 2016.
  2. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信シートのチャネル空間特性”, 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集2, p. 432, 札幌, September 2016.
  3. 野田 聡人, 増田 祐一 and 篠田 裕之: “二次元通信タイルを介した微弱無線相当の高速室内ネットワーク”, 電子情報通信学会技術研究報告 SRW, SRW2016-25, pp. 21-26, 横須賀, June 2016.
  4. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “マルチポート二次元導波路電力伝送システムにおける導波シート端部の終端条件の影響”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 193-195, 名古屋, December 2015.
  5. 野田 聡人, 岡田 明正 and 篠田 裕之: “床面敷設型二次元通信のためのアクティブタイル”, 2015年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集2, p. 641, 草津, March 2015.
  6. 野田 聡人, 山川 雄司 and 石川 正俊: “ネットワーク型高速ビジョンシステムのフレーム同期”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014 講演論文集, pp. 3P2-M02, 富山, May 2014.
  7. 野田 聡人, 山川 雄司 and 石川 正俊: “ネットワーク型高速ビジョンによるオクルージョンを考慮したターゲットトラッキング”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014 講演論文集, pp. 3P2-M01, 富山, May 2014.
  8. 野田 聡人, 岡田 明正 and 篠田 裕之: “複数シートの接続による大面積二次元通信”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014 講演論文集, pp. 3P1-T06, 富山, May 2014.
  9. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “フェーズドアレイを用いた二次元導波路電力伝送の選択性向上とヌル点削減”, 2014年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集1, pp. S-36-S-37, 新潟, March 2014.
  10. 野田 聡人, 山川 雄司 and 石川 正俊: “高速移動体追跡のためのネットワーク型高速ビジョンシステム”, 電子情報通信学会技術研究報告 NS ネットワークシステム, NS2013-176, pp. 77-80, 琉球大学, January 2014.
  11. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “フェーズドアレイによる二次元導波路上での高効率ワイヤレス給電”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1797-1800, 神戸, December 2013.
  12. 野田 聡人, 平野 正浩, 山川 雄司 and 石川 正俊: “ネットワーク化高速ビジョンシステムによる移動体の周辺環境認識”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1046-1048, 神戸, December 2013.
  13. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路電力伝送におけるフェーズドアレイ給電”, 2013年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集1, pp. S-32-S-33, 岐阜, March 2013.
  14. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “高Q値の導波路リング共振器カプラを用いた選択的な二次元導波路電力伝送”, 電子情報通信学会技術研究報告 MW マイクロ波, MW2012-178, pp. 103-108, 広島, March 2013.
  15. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “位相可変マルチポート給電による二次元導波路電力伝送”, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 619-622, 福岡, December 2012.
  16. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路電力伝送のための導波路リング共振器レクテナ”, 2012年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集1, pp. S-61-S-62, 岡山, March 2012.
  17. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路電力伝送用RF-DC変換カプラ”, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2052-2055, 京都, December 2011.
  18. 野田 聡人, 柴田 一暁 and 篠田 裕之: “単一RFIDリーダとフェーズドアレイカプラを用いた二次元導波シート上のRFIDタグの位置推定”, 第28回センシングフォーラム資料, pp. 265-268, 神奈川, October 2011.
  19. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波シート上の複数デバイスへの選択的・高効率ワイヤレス給電を可能とする低放射損カプラ”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2011 講演論文集, pp. 2P1-Q14, 岡山, May 2011.
  20. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路を用いた選択的給電のための低放射損失型カプラ”, 第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 614-617, 仙台, December 2010.
  21. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “表面センサネットワークのための低漏出ワイヤレス電力伝送”, 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 講演論文集, pp. 120-125, 松江, October 2010.
  22. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信による低漏出ワイヤレス電力伝送”, 第27回センシングフォーラム資料, pp. 116-121, 群馬, September 2010.
  23. 野田 聡人, 久保 伸太郎, 大野 紘明 and 篠田 裕之: “屋内ネットワークのためのワイヤレス表面電力伝送法”, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1730-1733, 東京, December 2009.
  24. 野田 聡人, 久保 伸太郎, 大野 紘明 and 篠田 裕之: “表面センサネットワークにおける高効率カプラ(第二報)共鳴周波数制御による選択的給電方法”, 第26回センシングフォーラム資料, pp. 221-225, 東京, September 2009.
  25. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “低漏出二次元通信における安全な電力伝送法”, 電子情報通信学会技術研究報告 USN ユビキタス・センサネットワーク, USN2009-16, pp. 25-29, 京都, July 2009.
  26. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信による安全な電力の伝送法”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2009 講演論文集, pp. 2A1-H07, 福岡, May 2009.
  27. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信における高効率電力伝送用カプラ”, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 549-550, 岐阜, December 2008.
  28. 野田 聡人 and 篠田 裕之: “表面センサネットワークにおける高効率カプラ”, 第25回センシングフォーラム資料, pp. 58-63, 佐賀, September 2008.
  29. 野田 聡人, 塚越 秀行 and 北川 能: “腰・胴体の捻転運動を支援する装着型Twist-cushionの開発”, 第5回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 679-680, 筑波, December 2004.
その他の発表等
  1. Akihito Noda: “High-Speed and Low-Emission Indoor Communication Using Waveguide Floor Tiles”, NAMIS Marathon Workshop, Nathinal Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan, December 2015.
  2. Akihito Noda: “Phased Array System for Microwave Signal/Power Transmission via 2-D Waveguide Sheet”, NAMIS Marathon WorkshopNational Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan, December 2013.
  3. Akihito Noda: “Evaluation and Elimination of Position-Dependence of Efficiency in 2-D Waveguide Power Transmission System”, NAMIS Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan, December 2012.
  4. Akihito Noda: “Selective Wireless Power Transmission to High-Q Resonant Coupler on Two-Dimensional Waveguide”, NAMIS Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan, December 2011.
  5. 野田 聡人: “二次元導波路を用いる選択給電法”, 2次元通信ワーキンググループ合同会合 一般講演, 東京, October 2010.
  6. 野田 聡人: “低漏出通信シートに結合する電力伝送用カプラの開発”, 2次元通信ワーキンググループ システムTF・EMC TF合同会議 一般講演, 東京, February 2009.
受賞等
  1. 野田 聡人, 田島 優輝 and 篠田 裕之: 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞, 18 December 2016.
  2. 野田 聡人: 船井研究奨励賞, 19 April 2014.
  3. 野田 聡人 and 篠田 裕之: 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞, 20 December 2012.
  4. Akihito Noda: 2012 IEEE MTT-S Japan Young Engineer Award, 29 November 2012.
  5. Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: Best Paper Award Gold at IMWS-IWPT 2012, 10 May 2012.
  6. 野田 聡人 and 篠田 裕之: 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞, 25 December 2011.
  7. Akihito Noda: SICE Annual Conference International Award Finalist, 18 September 2011.
  8. Akihito Noda: SICE Annual Conference Young Author’s Award Finalist, 18 September 2011.
  9. 野田 聡人: 2010年度計測自動制御学会学術奨励賞研究奨励賞, 22 February 2011.
  10. 野田 聡人: 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 五十嵐賞, 15 October 2010.
  11. 野田 聡人, 久保 伸太郎, 大野 紘明 and 篠田 裕之: 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞, 23 March 2010.
  12. 野田 聡人, 塚越 秀行 and 北川 能: 第5回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会ベストセッション講演賞, 19 December 2004.
[以下は自分が筆頭著者でないもの]
著書
  1. 篠田裕之,野田聡人,張兵: “第1章エネルギー伝送方式の基礎原理と課題, 第4節エバネッセント波方式による伝送技術”, ワイヤレス・エネルギー伝送技術の最前線, pp. 51-67, エヌ・ティー・エス, February 2011.
学術論文
  1. [Advance publication] Yudai Fukui, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Noise factor of active-tile for two-dimensional communication”, IEICE Communications Express (ComEX), accepted for publication.
  2. [J-STAGE] Yuichi Masuda, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “A low power and high speed data transmission system based on 2D communication”, IEICE Communications Express (ComEX), vol. 5, no. 9, pp. 322-328, September 2016.
国際会議(査読有)
  1. Yuki Tajima, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Signal and Power Transfer to Actuators Distributed on Conductive Fabric Sheet for Wearable Tactile Display”, Proceedings of AsiaHaptics 2016, pp. 1-6, Kashiwanoha, Japan, November 2016.
  2. Yuji Yamakawa, Akihito Noda, Masatoshi Ishikawa and Makoto Shimojo: “Integration of High-Speed Visual and Tactile Sensors with Synchronization in a Sensor Network System”, 2016 IEEE SENSORS Proceedings, pp. 1703-1705, Orlando, FL, USA, October 2016.
  3. Yudai Fukui, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “UWB Wireless LAN by 2D-Communication Tile system Based on Direction-Dependent Frequency Shift”, Proc. 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 801-806, Nagoya, Japan, December 2015.
  4. Akimasa Okada, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Time Domain Characteristics of Multiple UWB 2D Communication Tiles”, Proc. 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 817-822, Nagoya, Japan, December 2015.
  5. Akimasa Okada, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Evaluation of Isolation Property of UWB 2DC Tile for Coexistence with Radio Signals”, Proc. 41th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON 2015), pp. 2868-2873, Yokohama, Japan, November 2015.
  6. Yuichi Masuda, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Contactless Coupler for 2D Communication Tile Connection”, Proc. SICE Annual Conference 2015, pp. 522-527, Hangzhou, China, July 2015.
  7. Yudai Fukui, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Signal Connection among Two-Dimensional Communication Tiles by Direction-Dependent Frequency Shift”, Proc. SICE Annual Conference 2015, pp. 513-518, Hangzhou, China, July 2015.
  8. Akimasa Okada, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Feasibility Study on OFDM Signal Transmission with UWB 2D Communication Tile”, Proc. IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 376-380, Tokyo, Japan, December 2014.
  9. Akimasa Okada, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Effect of the Surface Insulator on UWB 2D-Communication Sheet”, Proc. SICE Annual Conference 2014, pp. 1966-1969, Sapporo, Japan, September 2014.
  10. Hiroyuki Shinoda, Akimasa Okada and Akihito Noda: “UWB 2D Communication Tiles”, Proceedings of the 2014 IEEE International Conference on Ultra-Wideband, pp. 1-5, Paris, France, September 2014.
  11. Masahiro Hirano, Akihito Noda, Yuji Yamakawa and Masatoshi Ishikawa: “Collision avoidance of Intelligent Vehicle based on Networked High-speed Vision System”, Proc. of the 11th International Conference on Informatics in Control, Automation and Robotics, pp. 539-544, Vienna, Austria, September 2014.
  12. Yuta Kudo, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “UWB Sensor Network on 2-D Waveguide Sheet”, 2014 IEEE Sensors Applications Symposium Proceedings, pp. 339-342, Queenstown, New Zealand, February 2014.
  13. Takuya Okuyama, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “30W Wireless Power Transmission to Networked Robots through 2D Waveguide”, Proc. Ninth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-5, Antwerp, Belguim, June 2012.
  14. Kei Nakatsuma, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Passive RFID tag positioning using 1D Stripline-shaped Antenna”, Proc. SICE Annual Conference 2011, pp. 827-830, Tokyo, Japan, September 2011.
  15. Kei Nakatsuma, Akihito Noda and Hiroyuki Shinoda: “Localization Scheme for Passive RFID Tags Using 1D Stripline-shaped Antenna”, Proc. Eighth International Conference on Networked Sensing Systems, pp. 1-2, Penghu, Taiwan, June 2011.
国内学会
  1. 増田 祐一, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信環境を活用した高速・微弱電力信号伝送における物理層設計”, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2323-2328, 札幌, December 2016.
  2. 神垣 貴晶, 野田 聡人, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: “シート状空中超音波フェイズドアレイのための振動子の開発とその評価”, 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 48-51, 札幌, December 2016.
  3. 堀端 研志, 小柳 芳雄 and 野田 聡人: “二次元導波路におけるミリ波伝搬特性についての一検討”, 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集1, pp. 78, 札幌, September 2016.
  4. 神垣 貴晶, 井上 碩, 門内 靖明, 野田 聡人, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: “シート状空中超音波フェイズドアレイ”, 第33回センシングフォーラム資料, pp. 240-243, 和歌山, September 2016.
  5. 増田 祐一, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信環境における高速・微弱電力信号伝送”, 第33回センシングフォーラム資料, pp. 184-187, 和歌山, September 2016.
  6. 増田 祐一, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信環境における低消費電力・高速無線通信”, 2016年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集2, p. 260, 福岡, March 2016.
  7. 福井 雄大, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信タイルのSNRと通信速度”, 2016年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集2, p. 570, 福岡, March 2016.
  8. 板井 裕人, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信における集束電力伝送の波面制御”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 189-192, 名古屋, December 2015.
  9. 増田 祐一, 野田 聡人, 岡田 明正, 福井 雄大 and 篠田 裕之: “二次元通信タイルを介した多視点カメラシステム”, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 216-218, 名古屋, December 2015.
  10. 長谷川 圭介, 野田 聡人, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: “柔軟センサグローブのリアルタイム自己姿勢推定法”, 第32回センシングフォーラム資料, pp. 347-350, 大阪, September 2015.
  11. 福井 雄大, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “FDD方式による二次元通信タイル”, 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会 基礎・境界講演論文集, p. 90, 仙台, September 2015.
  12. 岡田 明正, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信媒体の電磁漏洩評価のための給電手法”, 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会 通信講演論文集1, p. 257, 仙台, September 2015.
  13. 岡田 明正, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元通信タイルの伝送特性評価”, 2015年電子情報通信学会総合大会 基礎・境界講演論文集, p. 116, 草津, March 2015.
  14. 福井 雄大, 野田 聡人, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: “タイル状二次元通信におけるタイル間信号伝送”, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 505-507, 東京, December 2014.
  15. 増田 祐一, 野田 聡人, 岡田 明正, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: “2次元通信タイル間接続のための近接コネクタ”, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 503-504, 東京, December 2014.
  16. 平野 正浩, 野田 聡人, 山川 雄司 and 石川 正俊: “環境設置型高速ビジョンを用いた高速移動体の衝突回避支援システム”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014 講演論文集, pp. 2A2-G06, 富山, May 2014.
  17. 工藤 佑太, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路上UWB通信用広帯域カプラの設計(第2報)”, 2014年電子情報通信学会総合大会 基礎・境界講演論文集, p. 96, 新潟, March 2014.
  18. 工藤 佑太, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二層式平面導波路による広帯域無線通信”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1801-1802, 神戸, December 2013.
  19. 平野 正浩, 野田 聡人, 山川 雄司 and 石川 正俊: “環境設置型高速ビジョンによるインテリジェントカーの衝突回避”, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 940-941, 神戸, December 2013.
  20. 工藤 佑太, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “表面センサネットワークの高速同期を目的とした超広帯域無線通信システム”, 第30回センシングフォーラム資料, pp. 85-88, 上田, August 2013.
  21. 工藤 佑太, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “2次元導波路上UWB通信用広帯域カプラの設計”, 2013年電子情報通信学会総合大会 基礎・境界講演論文集, p. 122, 岐阜, March 2013.
  22. 奥山 拓哉, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “二次元導波路を用いる大容量電力伝送”, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1714-1715, 京都, December 2011.
  23. 竹内 一史, 野田 聡人 and 篠田 裕之: “微小触覚素子の無線結合”, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 624-626, 京都, December 2011.
受賞等
  1. 増田 祐一, 野田 聡人, 岡田 明正, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会優秀講演賞, 17 December 2014.
資格等
29 May 2009. 第二種電気工事士
18 Apr. 2007. 認定電気工事従事者
23 Jan. 2007. フォークリフト運転技能講習修了
21 Oct. 2005. 産業用ロボットの教示等の業務に係る特別教育修了
22 Nov. 2004. 第三種電気主任技術者
16 Apr. 2003. 第一級陸上特殊無線技士
22 Nov. 2001. 基本情報技術者

Page Top