古本 拓朗

所属・連絡先

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
篠田・牧野研究室 博士3年
〒277-8561 千葉県柏市柏の葉5-1-5
新領域基盤棟3E3号室
mail: furumoto[at]hapis.k.u-tokyo.ac.jp

経歴
Apr. 2018 – 日本学術振興会特別研究員(DC2)
Apr. 2017 – 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 博士課程
Apr. 2016 – Mar. 2017 株式会社ほたる (現:WOTA株式会社) インターンシップ生
Apr. 2014 – Mar. 2017. 東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 修士課程
Apr. 2012 – Mar. 2014. 東京大学 工学部 航空宇宙工学科
Apr. 2010 – Mar. 2012. 東京大学 教養学部 理科一類
Apr. 2007 – Mar. 2010. 徳島文理高等学校
所属学会
  • IEEE
  • Association for Computing Machinery
  • 計測自動制御学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
学術論文
  1. Takuro Furumoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: “Three-Dimensional Manipulation of a Spherical Object Using Airborne Ultrasound Plane Waves,” IEEE Robotics and Automation Letters, To Appear, DOI:10.1109/LRA.2018.2880330.
  2. Takuro Furumoto, Ryu Funase, and Tomohiro Yamaguchi, “Attitude Dynamics Modeling of Spinning Solar Sail under Optical Property Control”, Advances in the Astronautical Sciences Astrodynamics, pp.1617-1630, Vol. 156, 2015.
国際会議(査読有)
  1. Takuro Furumoto, Takaaki Kamigaki, Mitsuru Ito, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: Three-dimensional Interaction Technique Using an Acoustically Manipulated Balloon, SIGGRAPH Asia ’19 Emerging Technologies, Brisbane, Australia, November 17-20, 2019, https://doi.org/10.1145/3355049.3360536.
  2. Takuro Furumoto, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, “BaLuna: Floating Balloon Screen Manipulated Using Ultrasound”, the 26th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces, 221, Osaka, Japan, Mar. 22-27, 2019. [Poster]
  3. Takuro Furumoto, Yutaro Toide, Masahiro Fujiwara, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Encounter-type Haptic Feedback System Using an Acoustically Manipulated Floating Object,” Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018.
  4. Takuro Furumoto, Ryu Funase, and Tomohiro Yamaguchi, “Attitude Dynamics Modeling of Spinning Solar Sail under Optical Property Control”, AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference, Colorado, USA, Aug. 9-13, 2015.
  5. Takuro Furumoto and Ryu Funase, “Attitude Control Model for Spinning Solar Sail with Reflectivity Control Capability”, Proceedings of 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-d-25, Kobe, Japan, Jul. 4-10, 2015.
  6. Kouhei Yoshino, Taku Nonomura, Takuro Furumoto, Takisawa Jun’ichi, Kuma Okada, and Ryu Funase: “Proceedings of Thermal Design Strategy and its In-orbit Verification Results for Small Deep Space Probe ‘PROCYON'”, 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015-f-104p, Kobe, Japan, Jul. 4-10, 2015.
国内学会
  1. 古本 拓朗, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “3次元位置制御可能なバルーン型ディスプレイ,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 33B-1, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  2. 砥出悠太郎, 古本拓朗, 藤原正浩, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “軽量浮遊物体による遭遇型接触感提示,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep. 19-21, 2018.
  3. 古本拓朗, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “空中平面超音波による浮遊物体の動的位置制御,” 第18回システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1984-1987, 仙台, Dec.20-22, 2017.
  4. 古本拓朗, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “空中超音波による浮遊物体の運動制御,” 第22回バーチャルリアリティ学会大会, 1E4-05, Sep. 27-29, 2017, 徳島大学, 徳島.
  5. 古本拓朗, 吉野康平, 野々村拓, 間瀬一郎, 船瀬龍, “PROCYON熱システムの設計と軌道上成果”, 第59回宇宙科学技術連合講演会, Oct. 7-9, 鹿児島, 2015.
  6. 古本拓朗, 吉野康平, 野々村拓, 間瀬一郎, 滝澤潤一, 戸谷剛, 船瀬龍, “超小型深宇宙探査機PROCYONの熱設計”, 第15回宇宙科学シンポジウム, Jan. 6-7, 神奈川.

受賞

  1. チームGlucose Hawks: 2012年度 A Rocket Launch for International Student Satellites (ARLISS) カムバックコンペティション部門第3位受賞(サブリーダーとして参加).
  2. 超小型深宇宙探査機PROCYON開発チーム : 2015年度総長賞および平成29年度文部科学大臣表彰科学技術賞受賞(熱制御システム リーダーとして参加).
  3. 中須賀・船瀬研究室: 2014年度 UNISEC Workshop 学生プロジェクト成果発表 UNISAS賞第1位受賞(講演者として参加).
学位論文
  • 【修士論文】(中須賀・船瀬研究室)
  • 【卒業論文】(中須賀・船瀬研究室)

 資格

  • Jul. 2018. 産業用ロボットの教示等の業務に係る特別教育修了